行政書士試験対策講座を完全無料で受講可能な藤井行政書士予備校。

科目別勉強法(文章理解・情報通信・個人情報)

行政書士試験は法律に関する試験なので、法律科目を重点的に勉強してしまいがちになるのですが、足きり制度(一般知識の問題は56点満点で24点以上必要なので、14問中6問正解されることが必要)がある為、勉強しない訳にはいきません。
一般知識って一般常識なのだから簡単に得点できるとタカをくくっているととんでもないことになりますので、ある程度の対策は必要です。
一般知識の出題は、政治・経済・社会、情報通信・個人情報、文章理解の範囲から問題が出題されるのですが、このうち比較的対策しやすいのは、個人情報・情報通信です。範囲がある程度分かっているので、テキストを読み込み、過去問題集や予想問題、予備校の模試を解けば実力は付いてきます。特に予想問題や予備校の模試をよく解くようにしておけば良いでしょう。
文章理解は、その名の通り文章を理解する問題なので、文章の理解が苦手な人は、読解力のトレーニングを積み、過去問題集や予想問題、予備校の模試などで対策をしておけば、ある程度得点できます。
一般知識からの出題は、情報通信・個人情報、文章理解で点数を稼ぐようにするのが望ましいです。

 

行政書士質問掲示板に投稿するには?

IDとパスワードの登録が必要です。登録がお済みでない方は、 「行政書士辞典」トップページ にてご登録下さい。

登録がお済みの方は 行政書士「質問広場」 から質問を投稿いただけます。

行政書士関連リンク1(広告)

 


行政書士関連リンク2(広告)

行政書士辞典

行政書士の仕事

行政書士試験とは

行政書士試験の受験勉強