行政書士試験対策講座を完全無料で受講可能な藤井行政書士予備校。

行政書士は独立可能か

行政書士資格を取得して就職するのか、または独立開業をめざすのか。
行政書士試験の試験勉強中から合格後の方向性を決めて試験勉強をしている方もいらっしゃると思います。一般的に独立開業を考えている方が多いのではないでしょうか?
もちろん、行政書士の資格を活かして就職もできますが、あまり一般企業が行政書士を募集することはないですし、たとえ就職できても行政書士の資格を活かす仕事が出来ない可能性もあります。


行政書士の資格を活かすのであれば、やはり独立開業ということになりますが、そこで不安に感じるのは、独立してやっていけるかどうかだと思います。
行政書士の平均年収入は400万円から600万円くらいと言われていますが、この金額は総収入を行政書士の人数で割った平均収入額ですから、行政書士になればこのくらいの収入があるわけではありません。もちろん、行政書士として登録はしていても小遣い稼ぎで、たまに行政書士の仕事をしている人もいれば、平均収入額を大きく上回る行政書士もいます。独立開業も頑張り次第で、ということでしょうか。
ただ、頑張り次第といっても、闇雲に働くということではなく、どうやって稼ぐのかを考え、勉強し、戦略を持って働かなければなりません。
行政書士が取り扱える書類の数は1万種類とも言われています。1人で1万種は無理な話ですが、行政書士として活躍できる場は無限にあるということです。どの行政書士もやっていないようなことをやるのも良いでしょうし、専門分野に特化してスペシャリストとして活躍するのもよいでしょう。努力と工夫次第で、開業行政書士として大きな成功を勝ち取ることができるでしょう。

 

行政書士質問掲示板に投稿するには?

IDとパスワードの登録が必要です。登録がお済みでない方は、 「行政書士辞典」トップページ にてご登録下さい。

登録がお済みの方は 行政書士「質問広場」 から質問を投稿いただけます。

行政書士関連リンク1(広告)

 


行政書士関連リンク2(広告)

行政書士辞典

行政書士の仕事

行政書士試験とは

行政書士試験の受験勉強