行政書士試験対策講座を完全無料で受講可能な藤井行政書士予備校。

行政書士の営業について

行政書士として開業したならば、次にすることは営業活動をし、依頼者を獲得することですが、開業して看板を出して待っているだけでは、依頼者は来ません。必ず営業の努力が必要になります。これは行政書士に限らず、どの業種であっても営業活動は必要です。
ではどのようにして営業していくのでしょうか。
まずは、自分が持つこれまでの人脈から始めるのがよいでしょう。いきなり飛び込みで営業するのは勇気がいりますが、友人や親類など、自分が行政書士であるということを伝えやすいところから広げていけば気持ちも楽です。そこから地域の中小企業の経営者などと知り合えるかもしれません。
ここで重要なのは、「自分は行政書士なので誰かいい人がいたら紹介して~」程度では、なかなか口コミで広がっていきません。自分がどのような人物であるかを知ってもらう必要があります。信頼できる人でないと、誰も紹介してくれないですよね。人付き合いは重要です。

次に、一般的な営業方法は、広告チラシやホームページなどです。
新聞の折り込み広告のようなコストがかかるものではなく、自分で作成した広告チラシを事務所の近所にポスティングするのも効果があるかもしれません。
ホームページは、最近では必須ともいえるでしょう。ホームページを活用すれば、自分がどのような分野で仕事をし、何が得意分野であるか等、いろいろな情報を載せることもできます。
できれば、地域の企業のホームページからリンクさせてもらえば効果が期待できるかもしれません。
営業の結果はなかなか出なかったり、意外なところから結果が出たりします。ひとつ言えることは、努力をしないで結果は出ないということです。いろいろ工夫し、事務所経営の成功をつかみ取って下さい。

 

行政書士質問掲示板に投稿するには?

IDとパスワードの登録が必要です。登録がお済みでない方は、 「行政書士辞典」トップページ にてご登録下さい。

登録がお済みの方は 行政書士「質問広場」 から質問を投稿いただけます。

行政書士関連リンク1(広告)

 


行政書士関連リンク2(広告)

行政書士辞典

行政書士の仕事

行政書士試験とは

行政書士試験の受験勉強