行政書士試験対策講座を完全無料で受講可能な藤井行政書士予備校。

予備校等の選び方

行政書士試験の受験に向けて予備校を選ぶとき、通学で考えているなら講座のスケジュールや、その予備校の立地なども選択の条件となりますが、通信講座で勉強する場合は、これらは選択の条件から削除できます。

通学や通信の両方に共通しているポイントは、講師の質と講師との相性が考えられます。自分にとって解りやすい講義かどうか、講師と話しやすいかどうかを見極める必要があります。講座ガイダンスや無料体験講義などを受講し、その講師の指導方針をよく検討すれば良いでしょう。

次に講座の選び方ですが、たいていの予備校は初学者から受験経験者までいろいろな講座やコースが設定されています。初学者は入門編や基礎編などから直前対策講座(OUTPUT編)までのコースになっているので、そのコースを受講するのが良いと思われます。
受験経験がある人は、無駄にコースを受講する必要がない場合もあるので、自分の実力と相談して講座やコースを選択すれば良いでしょう。また、予備校によって講座の講義回数や直前講座の内容は異なりますので、よく比較して予備校を選んでください。

また、講座やコースの受講料も予備校選びのポイントになるかと思います。受講料は決して安いものではないので、単純に駅から近いからとかホームページを検索して1番上にあったからなどで選んでしまうと、とりかえしのつかないことになるかもしれません。
また知り合いからの紹介も参考にはなりますが、あくまでも勉強するのは知り合いではなく自分自身なので、一度いろいろな予備校の資料やホームページで調べたほうが良いでしょう。

 

行政書士質問掲示板に投稿するには?

IDとパスワードの登録が必要です。登録がお済みでない方は、 「行政書士辞典」トップページ にてご登録下さい。

登録がお済みの方は 行政書士「質問広場」 から質問を投稿いただけます。

行政書士関連リンク1(広告)

 


行政書士関連リンク2(広告)

行政書士辞典

行政書士の仕事

行政書士試験とは

行政書士試験の受験勉強