行政書士試験対策講座を完全無料で受講可能な藤井行政書士予備校。

学校、仕事と勉強との両立

行政書士試験の受験に向けて、受験勉強に専念できるという人は少なくなってきるのではないでしょうか。仕事を辞めて受験勉強に専念するというリスクは負いたくはないと思います。
では、学校や仕事をしながら行政書士試験の勉強をしていくためにはどういうことに注意すればよいのでしょう。
これは合格までの計画をしっかりと立てておくことが重要です。思い立ったが吉日とはいいますが、無計画に勉強を始めても、学校や仕事と受験勉強とのスケジュールが合わず、行政書士試験を諦めてしまうことになるかもしれません。
通学講座や通信講座を申し込んだ後では、払い込んだ受講料も無駄に終わってしまうことにもなりかねません。
そうならない為にもしっかりと事前に計画することが重要です。
合格年度を定めた受験日から勉強を始める日までの間、学校や仕事の時間以外にどれだけ学習時間が取れるのか、月毎にどれくらい学習時間が確保できるのか。
また、予備校での通学講座や通信講座を選択した場合は、講座スケジュールが週何回あって何時間講義を受けるのかと、自分の確保できる学習時間を照らし合わせながら選択するようにすれば良いでしょう。
独学の場合はどの時期にどんな教材を使ってどんな勉強をするのかスケジュールをたてるようにすれば良いでしょう。
ただ、学校や仕事をしていると、当初の予定通り進むことは少ないので、あまり細かくタイトな計画を立ててしまうと勉強がイヤになって諦めてしまうかもしれないので、自分の勉強の進捗度をみながら計画を修正していけば良いでしょう。予備校や通信講座を選択している場合は担当の講師とよく相談して、計画を修正していくようにすればいいでしょう。
学校や仕事と受験勉強を両立させることは大変つらいとは思いますが、行政書士試験の合格者の大半は学校や仕事等と両立させている30才代以上の人が合格しています。みなさんも学校や仕事等とうまく両立させて行政書士試験の合格を勝ち取って下さい。

 

行政書士質問掲示板に投稿するには?

IDとパスワードの登録が必要です。登録がお済みでない方は、 「行政書士辞典」トップページ にてご登録下さい。

登録がお済みの方は 行政書士「質問広場」 から質問を投稿いただけます。

行政書士関連リンク1(広告)

 


行政書士関連リンク2(広告)

行政書士辞典

行政書士の仕事

行政書士試験とは

行政書士試験の受験勉強