行政書士試験対策講座を完全無料で受講可能な藤井行政書士予備校。

行政書士としての働き方

行政書士の資格を取った後、就職するか独立して開業を目指すかの選択についてですが、就職する場合をまず検討してみましょう。

行政書士の資格を活かして就職するには、まず、行政書士事務所や行政書士業務を行っている弁護士事務所、税理士事務所等への就職があります。行政書士の資格を活かした仕事ができるのが、一番の魅力です。
また、行政書士の知識を活かして一般企業へ就職も出来ます。行政書士の業務は出来ませんが、書類作成のスペシャリスト、法律の専門家としての行政書士の知識や力を活かすことが出来ます。
一般企業への就職の場合は、法務部や総務部などが配属先となれば、行政書士としての知識を活かしつつ仕事をすることができます。

では次に、資格取得の後、独立して開業する場合はどうでしょうか。行政書士の受験勉強をしている間から資格取得後は独立して開業することを夢見て勉強している方も多いことでしょう。
開業して一国一城の主になれば、サラリーマンとしての収入を超える収入を得る可能性もあります。
資格取得後すぐ開業する人もいれば、一旦、行政書士事務所などに就職してから開業する人もいます。
行政書士は、意外と資格取得後すぐに開業されている人が多いのも事実です。士業界は、イニシャルコストが低く、その他の業界と比較し、開業のリスクが少ない業界です。事務所賃料を除けば、開業にかかる費用の大きなものが行政書士の登録費用です。軌道に乗るまでは自宅を事務所にして、事務所の事業規模が大きくなったら自宅とは別に事務所を構えるようにすれば、賃料は抑えることができます。
また、自宅を事務所とすれば自分のペースで仕事ができるので、通勤などのストレスからも解放されますし、家事や育児をしながら、行政書士の仕事をして活躍中の女性行政書士も多くおられます。

このように、行政書士の資格取得後の働き方はいろいろありますので、まだ決めていない方は、よく検討してみてください。

 

行政書士質問掲示板に投稿するには?

IDとパスワードの登録が必要です。登録がお済みでない方は、 「行政書士辞典」トップページ にてご登録下さい。

登録がお済みの方は 行政書士「質問広場」 から質問を投稿いただけます。

行政書士関連リンク1(広告)

 


行政書士関連リンク2(広告)

行政書士辞典

行政書士の仕事

行政書士試験とは

行政書士試験の受験勉強