行政書士試験対策講座を完全無料で受講可能な藤井行政書士予備校。

行政書士予備校の比較

行政書士試験の受験を決めたら、その次は、どうやって勉強をしていくか、です。すでに、独学で勉強することを決めている場合は、話は別ですが、通学にするのか通信で勉強するのか、あるいはどの予備校で勉強するのか。大手から個人で運営している予備校まで数多くの予備校があるので、どうすればよいか悩むことでしょう。
そこで、予備校をどのように比較して選んだらよいのかを少し紹介してみたいと思います。

まず、通学で勉強を考えているならば、自宅から予備校への通学が、楽な方がより良いでしょう。あまり、遠すぎると勉強以外の部分で疲れてしまったり、無駄な時間が発生することになります。
つぎに通学が可能な予備校で、講師や教材との相性を比較。ただテキストを読んでいるだけの講師なら通学しなくてもよくなります。教材も自分にとって見やすいかどうかなどをチェックしましょう。

通信で勉強する場合はどうでしょう。教室の運営も行っている大手予備校から、教室運営を行わず教材のみを販売している予備校まで、かなりの予備校が存在しています。
その中から選択するには、やはり教材の出来が一番です。もちろんテキストのみならず、教材の中に含まれている講義メディアがどれだけ充実しているかもポイントになります。資料やホームページなどで比較してみてください。講義メディアが無くテキストや問題集だけだと、あまり独学と変わらないことになるかもしれません。

最後に、通学も通信も気になるところは料金が予算内に収まっているかどうかも大変重要な比較ポイントなので、いろいろある予備校をホームページなどで調べて比較検討しましょう。

 

行政書士質問掲示板に投稿するには?

IDとパスワードの登録が必要です。登録がお済みでない方は、 「行政書士辞典」トップページ にてご登録下さい。

登録がお済みの方は 行政書士「質問広場」 から質問を投稿いただけます。

行政書士関連リンク1(広告)

 


行政書士関連リンク2(広告)

行政書士辞典

行政書士の仕事

行政書士試験とは

行政書士試験の受験勉強