行政書士試験対策講座を完全無料で受講可能な藤井行政書士予備校。

行政書士の勉強にかかる費用

行政書士試験の受験までにかかる費用は大変重要な問題です。誰もができるだけ安い費用で合格したいものです。
一般的にどれくらいの費用がかかるのでしょうか。ざっくりですが、1年という単位で考えてみますと、予備校へ通学する場合で授業料が約150,000円程度必要です。さらに通学する為にかかる交通費を加算しなければなりません。これ以外に問題集などもかかるかもしれません。これら以外にかかる費用があるかもしれませんが、一旦度外視して計算してみて下さい。
通信講座の場合はどうでしょうか。通信講座の授業料は約50,000円から150,000円程度必要です。授業料に開きがあるのは教室を持たない予備校の授業料と教室の運営をしている予備校との差で、教室を持つ予備校の受講料には人件費や家賃等の固定費が加算されています。
あと、基本的に通学はしないため、交通費はかかりませんので、問題集等を別途購入した金額を加算したものが通信講座での学習に必要な料金ということになります。
独学の場合は、授業料は発生しないし、もちろん交通費も基本的にはかかりませんから問題集等の教材費だけが学習上必要な料金ということになります。
行政書士の受験を決めたら、試験勉強の計画を立てると当時に、学習料金のシミュレーションもしてみてはどうでしょうか。
決して、学習料金が安いから良いとか、高いから安心だとかという意味ではなく、行政書士試験の合格が目的なので、勉強の計画と勉強する手段、自分の生活環境とを比較・検討するうえで学習料金のことを参考にしていただければと思います。

 

行政書士質問掲示板に投稿するには?

IDとパスワードの登録が必要です。登録がお済みでない方は、 「行政書士辞典」トップページ にてご登録下さい。

登録がお済みの方は 行政書士「質問広場」 から質問を投稿いただけます。

行政書士関連リンク1(広告)

 


行政書士関連リンク2(広告)

行政書士辞典

行政書士の仕事

行政書士試験とは

行政書士試験の受験勉強