行政書士試験対策講座を完全無料で受講可能な藤井行政書士予備校。

法律科目の勉強方法

行政書士試験の大きなウェイトを占めるのが法令科目ですが、この法令科目で点数を稼ぐことが行政書士試験の合否を左右することは言うまでもありません。
この法令科目である「憲法」「民法」「行政法」「商法・会社法」「基礎法学」の受験勉強するに当たってしっかりとポイントを抑えて勉強することが重要です。科目ごとに何処が重要で何処がそうでもないのかを見極めながら勉強していくのです。
全範囲を勉強していたのでは、とても行政書士の試験に間に合わないです。
法令科目の出題は、
憲法   6問   配点28点
民法  11問   配点76点
行政法 22問  配点112点
商法   5問   配点20点
基礎法学 2問    配点8点
法令等の合計配点は244点 足きりラインは122点
行政書士試験の合計点は300点で、合格ラインは180点です。
法令科目でどれだけ点数を稼ぐことが出来るかが重要です。
法令科目からの出題数46問のうち、「民法」と「行政法」からの出題は33問ありますので、法令科目のうち「民法」と「行政法」がかなり重要な科目であるということがいえます。
この「民法」も「行政法」もかなりのボリュームがある科目なので、いかに効率よく勉強するかが重要です、それぞれの科目ごとのポイントは別のページで解説していきたいと思いますが、実務でも重要な法律となる「民法」と「行政法」をうまく攻略して、高得点を獲得して他の科目をラクにすることができれば合格も見えてくると思います。

 

行政書士質問掲示板に投稿するには?

IDとパスワードの登録が必要です。登録がお済みでない方は、 「行政書士辞典」トップページ にてご登録下さい。

登録がお済みの方は 行政書士「質問広場」 から質問を投稿いただけます。

行政書士関連リンク1(広告)

 


行政書士関連リンク2(広告)

行政書士辞典

行政書士の仕事

行政書士試験とは

行政書士試験の受験勉強