行政書士試験対策講座を完全無料で受講可能な藤井行政書士予備校。

開業費用とその準備

行政書士として開業を決めたら、何が必要になり、どれくらい費用が必要なのでしょうか?

まず、行政書士として仕事をするためには、行政書士会に登録しなければなりません。主な必要書類は、
・行政書士登録申請書(正副各1部)
・履歴書(連合会規定用紙)
・誓約書(連合会規定用紙)
等ですが、これら以外にも提出する書類(住民票や合格証書など)がありますので、ホームページ等でよく確認し、登録・申請しましょう。
また、登録料は単位会により異なりますが、だいたい30万円程度で足りると思います。
あと、税務署への開業届も必要です。

行政書士会への登録が完了すれば、いよいよ、行政書士として仕事をするために必要なモノの準備です。行政書士としてある程度の収入が得られるまでは、お金をかけたくないのが通常です。もちろん、収入も確保出来ないうちに、立派な事務所を構えたり、職員などの人員を雇い入れることはできません。
行政書士として仕事をする上で最低限必要なものをいくつか上げますと、まずは自分が行政書士であることを知ってもらう為の名刺やホームページなどが必要です。パソコンやプリンター、電話、FAXなどはすでに持っていれば、あらためて新調する必要はありません。
名刺やホームページの作成などは、もし、知り合いにそのような仕事を手掛けている人がいれば、その人にお願いしたり、誰かを紹介してもらうのがおすすめです。知り合いを頼ることで、それ自体が、自分が開業したことの連絡になり、今後の自分の営業に繋がっていくことも十分に考えられます。
あと、参考書や書式例集などは、最初は最低限をそろえるだけでも良いでしょう。あとは、実際に仕事が入ってきてから、その都度増やしていく形で十分と思います。

最後に開業して成功する為に最も重要なのは『絶対に成功させてやる』という気持ちと行動力です。これには費用はかからないので、ぜひ強い気持ちで成功を勝ち取ってください。

 

行政書士質問掲示板に投稿するには?

IDとパスワードの登録が必要です。登録がお済みでない方は、 「行政書士辞典」トップページ にてご登録下さい。

登録がお済みの方は 行政書士「質問広場」 から質問を投稿いただけます。

行政書士関連リンク1(広告)

 


行政書士関連リンク2(広告)

行政書士辞典

行政書士の仕事

行政書士試験とは

行政書士試験の受験勉強