行政書士試験対策講座を完全無料で受講可能な藤井行政書士予備校。

過去問の勉強方法

行政書士試験の勉強を、過去問題集を使用して勉強する場合、どのようなポイントがあるかというと、勉強の時期によって使用する過去問題集を選ぶことにあります。インプットの時期で使用する過去問題集は知識の定着用として使いますが、その際の過去問題集は問題と解説が近くにあるものが良いでしょう。問題を解いた後、いちいち解説のページを探していては、勉強の効率もあまり良くありません。あとは、解説の中に問題の根拠となった条文や判例が掲載されていると、勉強の深みが増します。それと、試験の年度別に掲載されているものより、単元別に問題が掲載されている方が、この時期で使用するには使い易いでしょう。
過去問題集を1度や2度解いた程度で、その内容の理解や記憶がなされればいいのですが、行政書士試験のような広い試験範囲ではなかなかそうもいきません。最初のうちは深く追及して勉強していくより、反復を繰り返すことで理解が深まり記憶されていきます。
過去問題集は、問題と解説部分が離れている方が、ついつい、解答をすぐに見たくなる人にとっては、良いかもしれません。

過去問題集を選ぶときの注意また、として、古本を購入してしまうと、あまり参考にならないことがあります。法律は常に改正がありますので、できれば最新の過去問題集を購入するのが良いでしょう。
行政書士試験等の勉強の時期によって使いやすい過去問題集を選ぶことで、学習効率が多少なりとも変わるので、過去問題集を購入する際の参考になれば幸いこと思います。

 

行政書士質問掲示板に投稿するには?

IDとパスワードの登録が必要です。登録がお済みでない方は、 「行政書士辞典」トップページ にてご登録下さい。

登録がお済みの方は 行政書士「質問広場」 から質問を投稿いただけます。

行政書士関連リンク1(広告)

 


行政書士関連リンク2(広告)

行政書士辞典

行政書士の仕事

行政書士試験とは

行政書士試験の受験勉強