行政書士試験対策講座を完全無料で受講可能な藤井行政書士予備校。

過去問の重要性

行政書士試験に限らず、どの資格試験においても過去問題を解き慣れておく勉強が重要ということはすでに承知のことだと思います。
では、過去問題を解くことがどれだけ重要なのでしょうか。理由はいくつかありますが、まず、試験時間に慣れることができます。3時間という限られた時間内で解答するには、問題を解き慣れていないと、時間配分を間違えてしまい最後まで解答できなくなってしまいます。次に、出題の傾向が把握することができます。どういうタイプの問題がよく出題されているのかを把握しておくことで試験勉強が効率よく行えます。
さらに、自分のレベルを知ることができます。行政書士試験の合格基準に達しているのかどうか等、自分の課題を見つけることもできます。
過去問題に限らず、問題を解くときは、「正解選択肢だけ理解していた」、「たまたま正解した」、「2回目以降で正解肢を位置的に記憶していた」というときにも正解へ辿りつくことはありますが、単に正解しただけで良しとして次へ進めてしまうと浅い学習となり、その結果、既に学習した問題であるにもかかわらず、初めて見る問題に映り、対応できないという事態へ陥ることになってしまします。
学習として問題を解いているのですから、単に正解するだけで満足せずに全ての選択肢の正誤の根拠までつきつめることで、本当の意味でその問題を理解したと言えるのではないでしょうか。

 

行政書士質問掲示板に投稿するには?

IDとパスワードの登録が必要です。登録がお済みでない方は、 「行政書士辞典」トップページ にてご登録下さい。

登録がお済みの方は 行政書士「質問広場」 から質問を投稿いただけます。

行政書士関連リンク1(広告)

 


行政書士関連リンク2(広告)

行政書士辞典

行政書士の仕事

行政書士試験とは

行政書士試験の受験勉強