行政書士試験対策講座を完全無料で受講可能な藤井行政書士予備校。

行政書士2011年試験結果

行政書士試験の平成22年度の結果です。

出願者数 88,651名(前年に比べ+4,832名)
受験者数 70,586名(前年に比べ+3,238名)
受験男女比 男性:52,256名 女性:18,330名
合格者数 4,662名(前年に比べ△1,433名)
合格男女比 男性:3,695名 女性:967名)
合格率 6.60%(前年9.05%)

受験者数等は前年に対して増加していますが、合格者が前年にたいして約1,400名減少し、前年より平成22年度の試験問題は難易度が高かったということが言えます。

次に年代別のデータです。
10代 受験者数   995名(前年に比べ+150名)
    合格者数    36名(前年に比べ △36名)
20代 受験者数20,698名(前年に比べ △15名)
    合格者数 1,630名(前年に比べ△712名)
30代 受験者数24,025名(前年に比べ+690名)
    合格者数 1,906名(前年に比べ△411名)
40代 受験者数14,189名(前年に比べ+1,284名)
    合格者数   723名(前年に比べ△124名)
50代 受験者数 7,585名(前年に比べ+583名)
    合格者数   273名(前年に比べ△138名)
60~ 受験者数 3,094名(前年に比べ+546名)
    合格者数    94名(前年に比べ △29名)

30代以上の年代の受験者が増えていることが分かります。これは将来の社会情勢の不安等から、独立型の資格である行政書士の試験を受験することになったのではないでしょうか。
行政書士試験はもはや難関試験として認知され、また、社会的に重要性の高い資格としても認知されてきました。このことにより、今後は若年層の受験者が増えていくのではないでしょうか。

 

行政書士質問掲示板に投稿するには?

IDとパスワードの登録が必要です。登録がお済みでない方は、 「行政書士辞典」トップページ にてご登録下さい。

登録がお済みの方は 行政書士「質問広場」 から質問を投稿いただけます。

行政書士関連リンク1(広告)

 


行政書士関連リンク2(広告)

行政書士辞典

行政書士の仕事

行政書士試験とは

行政書士試験の受験勉強