行政書士試験対策講座を完全無料で受講可能な藤井行政書士予備校。

教材の選び方

行政書士試験を独学で受験勉強をするのであれば、使用する教材はとても重要であることは言うまでもありません。使用する教材や冊数が違うだけで勉強の成果は全然変わってきます。
参考書1冊だけではなかなか合格レベルに達するのは難しいものがあります。
では、どんな教材を使どれだけ揃えれば良いのでしょうか。テキストと過去問題集と六法は最低必要です。
どんなテキストが良いか、どんな過去問題集が良いかなどは、インターネットで情報を得て、書店等で実際に内容等を確認してから購入するのが良いです。自分が使いやすいものを選ぶようにしましょう。
過去問題集も最初のうちは、解説が問題の近くに掲載されていて、根拠となる条文が載っている過去問題集を選ぶのが良いと思います。また、年度別のものより、科目別の過去問題集の方が使い易いでしょう。
六法は行政書士試験に関係のある法律だけが掲載されているものが良いです。分厚い六法を持っていると、勉強している気持ちにはなりますが、そんなことよりも使いやすいもののほうが勉強の効率も良いです。 あとは、学習の進行に応じて教材を揃えていくのが良いと思います。まずは基本テキストで全体を把握してから、詳細な内容に進めていくようにするのがいいと思います。 また、予想問題集も行政書士試験までには何度も何度も解くようにするのが良いですね。予想問題集はできるだけいろいろな出版社のものを2冊以上揃えて解くようにするのが良いと思います。 教材ではありませんが、模試もいろいろな予備校で実施されているので、可能であればいろいろな予備校で模試を受験することもおすすめします。

 

行政書士質問掲示板に投稿するには?

IDとパスワードの登録が必要です。登録がお済みでない方は、 「行政書士辞典」トップページ にてご登録下さい。

登録がお済みの方は 行政書士「質問広場」 から質問を投稿いただけます。

行政書士関連リンク1(広告)

 


行政書士関連リンク2(広告)

行政書士辞典

行政書士の仕事

行政書士試験とは

行政書士試験の受験勉強