行政書士試験対策講座を完全無料で受講可能な藤井行政書士予備校。

行政書士の求人状況

行政書士の資格や知識を活かして就職をする場合、求人情報を集めますが、求人雑誌や求人サイトを見ても、行政書士を募集している事務所は多くはありません。行政書士としての就職ということであれば、一般企業ではなく、行政書士事務所や弁護士事務所、税理士事務所等の求人を探すことになります。
求人誌や求人サイトに求人があればいいのですが、求人が無い場合はどうすればよいのでしょうか。この場合は、行政書士事務所のホームページを調べて、1件1件、募集しているかどうかをチェックしていくのが良いでしょう。今は行政書士の業務の幅が拡がっているので、探せば見つかると思います。もちろん、事務所によって仕事や給与等の条件が違うので、詳しく調べてみましょう。
また、最近では行政書士試験の受験指導予備校がサービスの一環として、合格後に有資格者の人材紹介や人材派遣をしている婆愛もありますので、こういったサービスを利用するのもひとつの手です。
一般企業は、行政書士としての募集はしていません。ただ、法律の専門家として行政書士の知識や能力は欲しいはずなので、行政書士の資格を活かした就職や転職は十分可能です。この場合は別の資格や能力を抱き合わせて就職活動するとさらに有利でしょう。
この別の資格や能力を、将来、独立して開業したときに、自分が得意分野にしたい行政書士業務とつなげておけば、将来的な展望も開けるかもしれません。
たとえば、簿記やFPに関する資格を合わせて就職する。そして将来は、財務会計に関連する業務を中心に開業する。といった具合です。いろいろな仕事にチャレンジして、それを将来の糧になるよう頑張って下さい。

 

行政書士質問掲示板に投稿するには?

IDとパスワードの登録が必要です。登録がお済みでない方は、 「行政書士辞典」トップページ にてご登録下さい。

登録がお済みの方は 行政書士「質問広場」 から質問を投稿いただけます。

行政書士関連リンク1(広告)

 


行政書士関連リンク2(広告)

行政書士辞典

行政書士の仕事

行政書士試験とは

行政書士試験の受験勉強