行政書士試験対策講座を完全無料で受講可能な藤井行政書士予備校。

行政書士の年収、報酬

将来的に、行政書士として独立開業を計画している人が、もっとも不安に思うことは、行政書士登録をして開業しても、食べていけるのか?ということでしょう。
行政書士の年収額は400万前後と言われていますし、不安にもなります。あくまでもこの年収額は平均であるので、それ以上の人もいますし、以下の人もいます。
実際のところは、行政書士として登録しても、ほとんど行政書士の仕事をせず、副業として仕事をされている人も多くいますので、この数字は、あまり参考にはならないでしょうか。
しかしながら、はっきりと言えることは、行政書士の資格を取得し開業しただけでは、食べてはいけないということです。実際に仕事を取ってこなければなりませんし、いただいた仕事をきちんとこなすことで、顧客の信頼を得ていかなければなりません。これは行政書士に限らず、どんな資格でも同じことです。
ただ、行政書士の仕事に対する報酬は意外に高額です。この報酬というのは、それぞれの行政書士が自由に決めて営業していますので、案件の内容によって報酬額に違いがあります。
たとえば、飲食店の営業許可申請でも3万円から10万円くらいの報酬が相場ですし、建設業許可申請の場合は、10万円から20万円くらいの報酬が相場のようです。このため、仕事の依頼がコンスタントに舞い込んでくれば、必ず生活は成り立ちます。
重要なことは、どのように仕事を組み立てることで、継続的な仕事の依頼が入る行政書士になれるかを考えてみることでしょう。
報酬単価の高い依頼が毎月継続的にあるとは限りません。報酬単価の低い依頼でも件数をこなせば、十分生活はやっていけます。
あとは営業努力次第といえるでしょう。

 

行政書士質問掲示板に投稿するには?

IDとパスワードの登録が必要です。登録がお済みでない方は、 「行政書士辞典」トップページ にてご登録下さい。

登録がお済みの方は 行政書士「質問広場」 から質問を投稿いただけます。

行政書士関連リンク1(広告)

 


行政書士関連リンク2(広告)

行政書士辞典

行政書士の仕事

行政書士試験とは

行政書士試験の受験勉強