行政書士試験対策講座を完全無料で受講可能な藤井行政書士予備校。

効率の良いノートの作り方

行政書士の試験勉強の中で、ノートの作成やまとめ方などは人それぞれ違いがあり、これが正解というものはありませんが、いくつかのノートの作成や使い方などをあげてみたいと思いますので、今後の行政書士試験の勉強で参考になれば幸いです。
一般的には、授業を受けたとき重要なキーワードなどをテキストなどにメモして、それをあとでノートにまとめるというのが一般的です。また、間違った問題などをノートに整理して使用したり、ノートの作り方や使い方はさまざまです。
ノートの作成は行政書士試験の勉強の時期や時間などによって違いがあったりします。
最初のうちはノートに整理してまとめることになりますが、ノートに整理してまとめるというのは、自分が自分に対して説明できるようにすることなので、自分が解らなかった部分が理解することができます。それと、記憶することにも役立ちます。
ただ、気を付けなければならないのは、自分が分からないところをいろいろな参考書を調べ、まとめていくうちに深く入りすぎてしまうので注意が必要です。法律の研究をするわけではないので、行政書士の受験に必要な部分だけを整理することが重要です。
またノートのサイズや形式もいろいろありますので、いろいろ工夫してみるのも勉強を楽しくさせるひとつです。

いずれにせよ、テキストに書き込む以外にノートを作成するということは、重要なキーワード等の理解や暗記にも役に立つので、行政書士の試験勉強に役立てていただければと思います。
最後に、ノートの作成は他人に見せるものではないので丁寧に作る必要はありません。自分が理解できて、暗記できればいいのです。あとで見て読める程度で良いのです。
要はノート作りに時間をかける必要はないということです。

 

行政書士質問掲示板に投稿するには?

IDとパスワードの登録が必要です。登録がお済みでない方は、 「行政書士辞典」トップページ にてご登録下さい。

登録がお済みの方は 行政書士「質問広場」 から質問を投稿いただけます。

行政書士関連リンク1(広告)

 


行政書士関連リンク2(広告)

行政書士辞典

行政書士の仕事

行政書士試験とは

行政書士試験の受験勉強