行政書士試験対策講座を完全無料で受講可能な藤井行政書士予備校。

行政書士の歴史

行政書士という職業の由来は、江戸時代に行われていた手紙や嘆願書などの代筆業であると言われています。明治時代の始めは、現在の弁護士・司法書士・行政書士は全て「代書人」とされていましたが、明治5年の司法職務定制により、まず弁護士の業務を規定する「代言人規則」ができ、そして「司法代書人法」、「代書人規則」が確立され、前者は司法書士、後者は行政書士と、それぞれの職業が分離されました。
明治時代の後半から大正時代にかけて、登記茶屋が流行します。この当時、登記の手続きはその日の内に完了した為、手続きには長時間を要していました。裁判所の近くに代書人が待合所を設け、そこで登記手続きが完了するまで、依頼者は時間をつぶしていました。代書人の書記料収入の助けとして、このような登記茶屋が流行したのです。
第2次世界大戦が終わった昭和22年、「日本国憲法施行の際現に効力を有する命令の規定の効力等に関する法律」 により、「代書人規則」が効力を失いました。そのため、行政書士の業務を悪用して、知識のない依頼者に対し不当な報酬の請求や、実印を悪用するといった事件が発生しました。そのため、再規制の動きが生まれ、そして昭和26年、今の行政書士制度の基盤となる「行政書士法」が成立し、行政書士が生まれました。その後いくつかの法改正を経て、現在に至っています。
もともと1つであった代書人が、法律問題・紛争案件・裁判・登記などの業務を行う人として弁護士や司法書士に、また税務業務を行うには税理士に、労働・社会保険業務は社会保険労務士に、著作権等については弁理士へと専門職に分類されています。行政書士はこれら専門職の専門業務以外の業務を行うことになります。

 

行政書士質問掲示板に投稿するには?

IDとパスワードの登録が必要です。登録がお済みでない方は、 「行政書士辞典」トップページ にてご登録下さい。

登録がお済みの方は 行政書士「質問広場」 から質問を投稿いただけます。

行政書士関連リンク1(広告)

 


行政書士関連リンク2(広告)

行政書士辞典

行政書士の仕事

行政書士試験とは

行政書士試験の受験勉強