行政書士試験対策講座を完全無料で受講可能な藤井行政書士予備校。

行政書士と社会保険労務士の違い

行政書士と社会保険労務士の資格をとって、ダブルライセンスとして開業されている方はたくさんいらっしゃいます。
社会保険労務士の業務がどのように行政書士の業務に活かされるのか、社会保険労務士とダブルライセンスにした場合の収入面など、どのようなメリットがあるのかをみていきたいと思います。
社会保険労務士の業務は1号から3号業務まであるのですが、そのうち1号から2号までが社会保険労務士の独占業務です。
1号2号業務とは、健康保険や厚生年金保険などの加入・給付の手続きに関する書類の作成や代理代行業務になります。
3号業務は相談業務になります。具体的には、セクハラや労働時間・賃金の問題などを相談または指導などを行っています。
このような業務の性質上、社会保険労務士は、スポット的な業務というより、依頼のあった会社と顧問契約を結んで業務をする場合が多いようです。
では、この社会保険労務士と行政書士のダブルライセンスにどのようなメリットがあるのでしょうか?行政書士は、その業務範囲が広いために、多くの会社から仕事の依頼を受ける機会があります。例えば、会社の設立に関する依頼を受けることもありますが、もし、社会保険労務士の資格も持っていれば、その会社の設立後も、社会保険業務を請負って長いお付き合いをさせていただくことができます。そして、顧問契約を交わすことができれば、その後の収入も安定できます。
このように、社会保険労務士と行政書士は、お互いにはない業務範囲と業務の性質を持っているために、かなりの相乗効果を生み出すことができます。行政書士資格を取得した後、自分自身の業務の幅を広げ、顧客のニーズに応えて行くために、社会保険労務士の資格を取得してみてもよいかもしれません。

 

行政書士質問掲示板に投稿するには?

IDとパスワードの登録が必要です。登録がお済みでない方は、 「行政書士辞典」トップページ にてご登録下さい。

登録がお済みの方は 行政書士「質問広場」 から質問を投稿いただけます。

行政書士関連リンク1(広告)

 


行政書士関連リンク2(広告)

行政書士辞典

行政書士の仕事

行政書士試験とは

行政書士試験の受験勉強