行政書士試験対策講座を完全無料で受講可能な藤井行政書士予備校。

行政書士の将来性

今は時代の変化が早く、日本の社会構造も変化してきています。
そのため、これから先どうなるかは予測しにくく、不安定な部分が沢山あります。特に仕事に関しては、不景気の影響もあり、どの業界も先の見通しが不透明です。
しかし、行政書士は仕事がなくなる可能性は少なく、むしろ、これから仕事の需要が増えることが見込まれます。なぜかというと、行政書士は法律の仕事で、新しい法律が出来るたびに許認可が増えるからです。
現に今では取り扱える書類の数が1万種を越えると言われています。
つまり年を取取るごとに仕事の数が増え、時代の変化に伴い新たな仕事が生まれているからです。
たとえば、インターネットの発達、普及により、社会が変化し、人の価値観も変わってきて、そのことにより、訴訟などといったトラブルが増えてきました。しかし、トラブルを解決するための弁護士の数は、日本は圧倒的に少なく、全てに対応できなくなっています。現在は、新司法試験ができて、弁護士の数を増やそうとしていますが、それでも数は足りません。
行政書士はそうした訴訟に関するトラブルを解決することは出来ませんが、未然に防ぐことは出来ます。それに弁護士だと敷居が高いイメージがあることや、近くに弁護士事務所が無かったり、中々依頼しにくいことも行政書士なら、気軽に相談することも出来ます。 そこで、行政書士で未然に防げることならそれで良いですし、解決しないようなら弁護士を紹介して そこで解決することが出来ます。 このように行政書士というのは将来性という意味では十分期待が持てます。
それよりも、行政書士として生き残って行くためには、将来性のある分野をいかに見分けられるかがポイントとなってきます。まさに街の便利な法律家として活躍できる行政書士はおすすめ資格です。

 

行政書士質問掲示板に投稿するには?

IDとパスワードの登録が必要です。登録がお済みでない方は、 「行政書士辞典」トップページ にてご登録下さい。

登録がお済みの方は 行政書士「質問広場」 から質問を投稿いただけます。

行政書士関連リンク1(広告)

 


行政書士関連リンク2(広告)

行政書士辞典

行政書士の仕事

行政書士試験とは

行政書士試験の受験勉強