行政書士試験対策講座を完全無料で受講可能な藤井行政書士予備校。

行政書士の仕事内容の概要

行政書士の仕事は、官公署(各省庁や市・区役所など)に提出する書類を依頼者に代わって作成したり、その内容の相談を依頼者から受けたり、またこれらを官公署に申請する手続きを代行することを業としています。
たとえば、依頼者から「飲食店などを開店したい」とか「会社などを設立したい」等、一般の人では不慣れで簡単に対応できない書類の行政手続きを行政書士が代行します。もちろん、書類作成だけでなく、依頼者の利益を最大限に考えて相談を受けアドバイスするなど、行政書士の役割は重要です。

年配者のなかには、行政書士は代書屋さんというくらいのイメージがない人もときどきいますが、行政書士の仕事は、依頼者に代わって書類を記入して申請するだけの単純作業ではないのです。
今、日本では規制緩和や地方分権が進んでいます。それに伴いこれまで国や各省庁が行っていた許認可事務が都道府県に移され、それぞれの自治体が行政の実情にあった事務を行うなど、大きく変化しています。
行政書士が取り扱ういろいろな申請書類は、世の中の変化によって、どんどんその数を増やしたり、複雑化したり、不要であれば整理したりを繰り返しているのが現状です。
そのため、行政書士が扱う書類は運転免許証や契約書など個人に関するものから、会社設立やお店の営業許可申請までと幅広く、今や10,000種類以上とも言われています。それは今も増え続けています。

法律や条例などの知識を駆使しながら、法令の許すかぎり、依頼者が必要としている許認可などをスムーズに取得できるように相談を受け、また依頼者の利益を得られるよう支援するのが、行政書士の重要な役割です。

 

行政書士質問掲示板に投稿するには?

IDとパスワードの登録が必要です。登録がお済みでない方は、 「行政書士辞典」トップページ にてご登録下さい。

登録がお済みの方は 行政書士「質問広場」 から質問を投稿いただけます。

行政書士関連リンク1(広告)

 


行政書士関連リンク2(広告)

行政書士辞典

行政書士の仕事

行政書士試験とは

行政書士試験の受験勉強