行政書士試験対策講座を完全無料で受講可能な藤井行政書士予備校。

行政書士と宅建の違い

行政書士と宅地建物取引主任者(宅建)は、どちらも法律系資格の登竜門的な言われ方をすることもあり、両方の資格を取得している方が多くいます。
宅建の業務は不動産売買や賃貸の仲介であり、行政書士の業務は、官公署に提出する書類の作成・許認可申請手続きの代行・相談です。では、この2つをダブルライセンスとして、実務でどのように活かしていけば良いのでしょうか?
例えば、街の身近な法律家である行政書士は、多くの方からあらゆる相談を受けやすいので、たとえば、「自分の土地をアパート経営に切り替えたい」など、不動産という資産を活用するにあたっての法的問題について相談を受けることがあります。また、反対に、宅建の資格を活かして不動産屋さんとして開業していれば、そのお客さんから、「マンションの一室を借りて会社設立をしたい」とか「近隣トラブルで困っている」など、不動産にとどまらず、生活全般の事柄について相談されることもあるでしょう。
どちらの資格も、その地域の身近な存在なので、行政書士と宅建のダブルライセンスとしてのメリットは人脈を広げやすく、営業効果が期待できる組合わせといえます。

 

行政書士質問掲示板に投稿するには?

IDとパスワードの登録が必要です。登録がお済みでない方は、 「行政書士辞典」トップページ にてご登録下さい。

登録がお済みの方は 行政書士「質問広場」 から質問を投稿いただけます。

行政書士関連リンク1(広告)

 


行政書士関連リンク2(広告)

行政書士辞典

行政書士の仕事

行政書士試験とは

行政書士試験の受験勉強