行政書士試験対策講座を完全無料で受講可能な藤井行政書士予備校。

行政書士と他の資格

行政書士の資格は、他の資格と非常に相性が良く、他の資格を取得してさらに仕事の幅を拡大させることが出来ます。
例えば、不動産取引に強くなるには「宅地建物取引主任者」「不動産鑑定士」「司法書士」などです。労務・財務に強くなるには「社会保険労務士」「税理士」「公認会計士」など、国際的に活躍したい人は「TOEIC」、福祉に強くなるには「社会福祉士」、ITに強くなりたい人は「初級システムアドミニストレータ」など、といった具合です。
他の資格との組み合わせの相性はいろいろあるのですが、中でも「司法書士」は比較的ダブルライセンスとして目指されている人が多いようです。
これは職務の幅が拡がることはもちろんのこと、司法書士試験の受験科目が行政書士の受験科目と重なっていることもあります。
行政書士の受験科目であった「憲法」「民法」「会社法商法」は司法書士試験でも同様に「憲法」「民法」「会社法商法」が出題されます。難易度は高くなりすが、一度勉強している受験科目なので司法書士試験の勉強がやりやすくなるのも理由の一つと考えられます。
ただ、行政書士試験の勉強が終わって長い年月が経ってから、司法書士の受験を始めるのでは、忘れてしまう部分も多くなってしまうので、行政書士試験が終わった直後から司法書士試験の受験勉強を開始するのが望ましいでしょう。

 

行政書士質問掲示板に投稿するには?

IDとパスワードの登録が必要です。登録がお済みでない方は、 「行政書士辞典」トップページ にてご登録下さい。

登録がお済みの方は 行政書士「質問広場」 から質問を投稿いただけます。

行政書士関連リンク1(広告)

 


行政書士関連リンク2(広告)

行政書士辞典

行政書士の仕事

行政書士試験とは

行政書士試験の受験勉強