行政書士試験対策講座を完全無料で受講可能な藤井行政書士予備校。

予備校の有効活用法

行政書士試験受験のために予備校を利用した場合、その予備校を有効に活用することが合格への近道です。
有効活用として、まずは講師を利用するのがポイントです。授業でわからないところを質問したり、学習方法について相談したりすることで、予定した学習計画通り勉強が進めていきやすいです。独学の場合は、わからないところがあれば、それを調べたりするだけで時間がかかってしまいますので、予備校の講師の存在は大きいです。
また、試験に関する情報なども講師から講義の中に織り込まれたりします。

次に、予備校では試験までの講義スケジュールが立てられているので、その引かれたレールで学習していけます。独学の場合の学習計画は、計画をたてるときのモチベーションで作成されるので、タイトなスケジュールであったり、無駄な勉強をすることになったりするので勉強が続かなくなってしまいやすいです。
さらに予備校は、合格に必要な教材がオリジナルで作成し、準備されています。予備校では行政書士試験に精通した講師やスタッフが毎年、試験の結果をもとに作成編集しているため、常に最新の情報であり、また無駄を省いた内容になっています。
独学の場合は教材を自分で選ぶことになります。市販の教材も大変すばらしいものも多いのですが、これから勉強を始めようと考えている人は教材選びも大変な労力です。

あと、予備校によっては、会員の特典としていろいろなサービスを受けることが出来たりします。これは予備校によってサービスの違いがあったりするので、詳しくは予備校のサイトや資料などで確認するようにしてください。
通学・通信に関わらず、予備校を利用することが行政書士試験合格の早道ではないでしょうか。

 

行政書士質問掲示板に投稿するには?

IDとパスワードの登録が必要です。登録がお済みでない方は、 「行政書士辞典」トップページ にてご登録下さい。

登録がお済みの方は 行政書士「質問広場」 から質問を投稿いただけます。

行政書士関連リンク1(広告)

 


行政書士関連リンク2(広告)

行政書士辞典

行政書士の仕事

行政書士試験とは

行政書士試験の受験勉強