行政書士試験対策講座を完全無料で受講可能な藤井行政書士予備校。

行政書士と税理士

行政書士と税理士のダブルライセンスはどんなメリットがあるのでしょうか?
例えば会社の設立などをする場合、行政書士に業務を依頼されることがありますが、その場合、税理士としても登録していれば、会社設立した会社の税務をそのまま行うことができ、設立から税務までワンストップでサービスを行うことができます。
また、建設業や飲食・風俗店営業、産業廃棄物業、自動車解体業、宅建業などの許認可がいる業種を設立する場合にも、それに関して手続のプロである行政書士が税理士資格をもっていれば、そのままこれらの業種の税務を行うことができます。
さらに、税理士は個人を相手にも税務サービスを行います。
個人相手に所得税や相続税などの税務サービスに加えて、車庫証明、農地転用許可申請、遺言書作成、離婚相談・離婚協議書作成、和解書作成、示談書作成、契約書作成、内容証明など、行政書士が行える 官公署に提出する書類の作成や事実証明に関する書類の作成業務を行えば、業務の幅がかなり広がります。
行政書士と税理士はダブルライセンスとして開業することのメリットが大きいといえます。

 

行政書士質問掲示板に投稿するには?

IDとパスワードの登録が必要です。登録がお済みでない方は、 「行政書士辞典」トップページ にてご登録下さい。

登録がお済みの方は 行政書士「質問広場」 から質問を投稿いただけます。

行政書士関連リンク1(広告)

 


行政書士関連リンク2(広告)

行政書士辞典

行政書士の仕事

行政書士試験とは

行政書士試験の受験勉強