行政書士試験対策講座を完全無料で受講可能な藤井行政書士予備校。

行政書士の受験者が増えてる?

行政書士試験の受験者数が年々増加しています。受験者全体で、過去3年で約6,500人増加しています。

平成20年度 受験者数63,907名
平成21年度 受験者数67,348名(対前年3,441名増)
平成22年度 受験者数70,586名(対前年3,238名増)

これは、漫画やドラマなどで、行政書士という仕事が一般に広く知れ渡ったことなどが考えられますが、年代別にみてみると、そうとも言い切れません。

平成20年度~平成22年度10代受験者の増加数  216名
平成20年度~平成22年度20代受験者の増加数 △475名
平成20年度~平成22年度30代受験者の増加数 1989名
平成20年度~平成22年度40代受験者の増加数 2784名
平成20年度~平成22年度50代受験者の増加数 1184名
平成20年度~平成22年度60~受験者の増加数    981名

全体では増加の傾向ですが、20才代以下の年代は減少しています。
特に30才代からの年代での増加の要因は、先の見えない社会情勢の不安から、行政書士の試験を受験し、資格をとって独立開業を目指されているのではないでしょうか。
若年層の減少は、単に行政書士という仕事に魅力を感じていないのか、少子化によるものなのかはわかりませんが、数年後、社会に出て行政書士という仕事の重要性に気が付いて受験することになるのかもしれません。

 

行政書士質問掲示板に投稿するには?

IDとパスワードの登録が必要です。登録がお済みでない方は、 「行政書士辞典」トップページ にてご登録下さい。

登録がお済みの方は 行政書士「質問広場」 から質問を投稿いただけます。

行政書士関連リンク1(広告)

 


行政書士関連リンク2(広告)

行政書士辞典

行政書士の仕事

行政書士試験とは

行政書士試験の受験勉強